校歌

潮路遥けき 伊勢の海
外国船の  繁くして
清水丘に  響きくる
汽笛は遠き  理想を生む
集う我等の  道広し

海山さちは   沢なせる
遺跡は語る    あけぼのの
国のくらしを   続ぎ重ぬ
知多の八幡を   伸すべく
語る我等の   意気高し

鈴鹿颪の  雄たけびを
身ごとにあみて  鍛えたる
熱き血潮を ひと筋に
修むる業を 極めゆく
進む我等の 体わかし