私の好きなもの

 みなさん「ラーメンズ」というコントグループをご存じでしょうか?私はこう見えて、お笑いが好きなんですが、いろんな芸人がいるなかでも、特にラーメンズが好きです。
 きっかけは、私が中学生のときです。爆笑オンエアバトルと完売劇場という番組を見て、今までに見たことのないネタというのか、笑いでした。ただ、すごくクセのある笑いなので、単発でというよりは、何回も見ると徐々に来る感じです。そんなコントグループの小林賢太郎さんの「おもしろい」という言葉についての考え方です。
 「おもしろさっていうのには、笑える以外にも映画の例えに置き換えると迫力があったとか、スリルがあったとか、驚いたとか、怖かったとか、カッコ良かったとか、可愛かったとか、あと美しかったとか、 感受性の色々な部分を刺激されて総合的に面白いという言葉が出てくるんですよね。」
 実際にラーメンズやKKP(小林賢太郎さんがプロデュースする公演)を見て「おもしろい」というのが、ただ笑えるだけじゃないそう思えるようになりました。
 誰かと会って話す、遊ぶ、外に出るなど、したいことがなかなかできないかもしれません。でも、それ以外でもおもしろいことはたくさんあります。ほんの少し視野を広げて、おもしろいを見つけて、今の状況を乗り切りましょう。
 ちなみに、私個人が特に好きな小林賢太郎作品は、
       KKP♯5「TAKEOFF~ライト三兄弟~」
です。家でyoutubeやhulu、Amazonプライム・ビデオなど見ているあなた!少し視野を広げて、いつもと違ったものを見てみてはどうですか?

(3年副担任 Y)