給食訪問 2-4

 先週足踏みしていた給食訪問ですが、本日は2年4組におじゃましました。中間テストの週間なので、昨日の休日にどれだけ勉強したかが話題になりました。昨日3時間勉強したと胸を張るせいともいれば、昨日からは夜中まで頑張ったと答えた生徒もいました。

本日の給食のメニューは、生揚げの中華煮、白飯、餃子、りんごの中華メニューでした。りんごをたくさん友達からもらった生徒は、ピコ太郎のように箸をりんごに刺して歌っていました。

「ヒガンバナ」が生徒の登校を迎える

9月25日(月),朝晩はかなり涼しくなりました。学校の校門近くには、ヒガンバナが咲き、生徒の登校を温かく迎えているようです。今週木曜日から中間テストが始まります。八中生の努力と成果を「キガン(祈願)」しています。

日本の伝統と文化を「横綱?」から学ぶ!

9月21日(木),八幡中学校の相撲場では,相撲の授業をしていました。土俵がある学校はめずらしいようで、八幡中の特色ある授業といってもいいくらいです。「しっかり組んでから!」「腰を落として!」「体全体で押す!」など,関取のような体型をしている体育教師からアドバイスをもらい,楽しみながら相撲を取っていました。八幡中に土俵があることに感謝し、日本の伝統と文化を学んでほしいです。

「美」を追究する!

9月20日(水)、1年生のあるクラスでは,美術の「一版多色木版」の授業で、版画にするためのデッサンを描いていました。生徒らは「顔と体のバランスはどのくらいがいい?」と先生に尋ねたり、「太陽を描くと少し漫画っぽくなってしまうね」とアドバイスをもらったりしながら,真剣に取り組んでいました。授業において、分かったり、できるようになったりすることも大事ですが、この授業のように、自分の発想を生かして「美」を追究する学習は、とても美しいと感じました。

給食訪問 2-2

本日の給食訪問は2年2組におじゃましました。席の近くの男子とサッカー談義にはなを咲かせました。その子は部活ではなく、市外のクラブチームに所属し、毎日練習に通っているそうです。ちなみに自分も教員になって、サッカーに長く関わってきした。部活もクラブもルールもボールも同じです。サッカーにちがいはありません。だから、あえて、いろいろと困難を乗り越えてクラブでサッカーに挑戦している生徒に、エールを送りたいと思いました。ガンバレ。

今日の献立は、肉じゃが、サバの銀紙焼き、きゅうりといかの酢の物、ご飯でした。和食です。とりわけ、「さば銀」は給食でないとたべることがてきない、逸品です。