平成30年度離任式

本日はこの春の人事異動で本校を去られた先生方がお見えになり、挨拶をされました。   転任された先生方を紹介します。中島茂之教頭(退職、再任用旭南中)、榊原範久(退職、上越教育大准教授)、久田大輔(半田中)、肥田浩嗣(豊浜小)、宮崎玲佳(大府中)、八谷恵美(大府もちのき特別支援学校)、富樫伸人(東部中)、西本龍一(加木屋南小)、後藤祐里(中部中)、櫻本直美(市事務、中部中)、山口力カウンセラー(西尾市西尾小)新天地でのご活躍を願っています。

4月の厚生委員会掲示板

4月の厚生委員会の掲示板です。作者の養護教諭の奈子先生に「今月は何故、三匹の子豚なの?」と尋ねました。返ってきた答えは、ヒントに「あたりまえ」の言葉があることだそうです。よくよく考えてみると、三匹の子豚のお話しは、怠け者の兄たちが、真面目に働いてきた弟豚に助けられるというストーリーでした。今年の八中の合言葉「あたりまえのことを、あたりまえにできる八中生になろう」に掛けてあるそうです。「なーるほど。」

1年生は部活動を見学しました

本日は授業後に1年生が部活動見学を行ないました。幸い雨も降らず、屋内・屋外で先輩たちの躍動する姿を見学しました。一番張り切っていたのは先輩たちだったかもしれませんね。

入学式3

入学式が無事終了しました。教室での学級活動です。みなさん、お疲れさまでした。明日からもよろしく。

入学式2

新一年生の入場です。 1年の生徒たちは緊張した面持ちでの入場です。式辞は江戸末期の福井藩士橋本左内が14歳の時に書いた「啓発録」の中から「稚心を去る」を引用しました。稚心とは幼い心、稚拙な心を意味します。自分や親に甘えずに、1年生は自立を目指して欲しいと思います。