果たして卒業生は何m登ったか?

北門から登校する生徒たちは、テニスコート脇の階段をのぼらなければなりません。そこで問題です。3年生は、これまで何段、何mのぼったのでしょうか?そこで計測をして確かめてみました。階段は一段あたり、0.18m。段数は36段あります。年間の出席日数は約200日たから、3年間でこのような式が成り立ちます。

36段×200日×3年間=21600段    0.18m×21600段=3888m

凄いぞ!富士山よりも高い。北門の梅の木は満開です。

 

速報、㊗️中日大賞を受賞

  1. ぬ八幡中の教育活動の特色として、新聞を社会科の授業の中で新聞教育(N IE)を取り入れています。中日新聞寺本専売所様から、毎朝五紙の新聞の提供を受けています。

生徒たちは新聞を切り抜きまとめ上げた作品を授業で提出しています。この生徒作品をまとめて中日新聞へ応募しており、その結果が先週学校へもたらされました。中部9県9216点の中から栄えある大賞を受賞した生徒もいました。

中日大賞   2年5組  古垣凪彩さん

優秀賞      1年2組   冨田泰地さん    3年1組    高松汐織さん

佳作         1年1組    平木琉風さん   3年3組    髙植雪乃さん

受賞おめでとう

本日の集会で人権標語を発表しました

集会で人権に関わる生徒作品を各学年の代表生徒が発表しました。1年1組 平木琉風さん「その勇気  出せばきっと  笑顔咲く」

2年3組足立一翔さん  「伝えよう  ひとりの勇気で  全てが、変わる」

3年1組小林愛美さん「どうしたの  声をかければ開く道  その一言で  救える命」

これは誰?

またまた養護教諭の加藤先生の力作です。節分にちなんで、「鬼は👹誰?」

ヒントです。

さあ、誰でしょうか。