始業式

大きな事件や事故もなく、始業式を迎えることができました。

校長先生から、3年生に「つい焦ってしまいがちだけれど、今からできることをきちんと積み上げて、受験を迎えよう。」と温かい励ましのメッセージがありました。

生徒意見発表では、1年生窪田さんが努力を重ねて、難しい技にも挑戦したバレエの発表会についてを、2年生牛島さんはアンサンブルコンテストの悔しい気持ちをバネにして、これからの部活動への取り組みについて発表しました。3年生新海さんは、時間の上手な使い方について、実例を挙げて説明しました。そして、海外での生活経験と日本に来てからの苦労から学んだ「感謝の気持ちを伝える」ことの大切さについて、思いを込めて発表してくれました。

次の学年へのステップとなる大事な3学期。それぞれ目標を立て、充実した生活を送っていきましょう。

春の兆し

皆さま明けましておめでとうございます。さて、職員室前にある生け花にお気づきでしょうか。毎月、清水ヶ丘にお住まいの野村千恵子さんがボランティアとしてお花持参で、花を生けてくださっています。今月のテーマは厳しい寒さの中にも春の兆しがやってきていることを表しているそうです。

の先生いつもありがとうございます。

初雪の中‥

12月27日(水),早朝から冷え冷えとし,時折雪がぱらつく天気となりました。グランドでは,野球部が雪に負けじとライニングやダッシュを行い,熱の入った練習をしていました。卓球部やバスケット部は,今年最後の活動となったため,感謝の気持ちを込めて,体育館の清掃を行っていました。「寒い,寒い」と言って暖を求めてしまいがちですが,進んで体を動かし,今年のよい締めくくりにしたいものです。(それにしても,今日は寒い!)

明日の本番に向けて

12月25日(月),吹奏楽部の生徒は,明日の「愛知県アンサンブルコンテスト知多大会」に向けて,最後のリハーサルをしました。音の強弱を楽譜で確認したり,パートごとの重なり合うリズムに合わせたり‥と,緊張感ある演奏をしていました。生徒たちにとっては,「ジングルベルの音楽」や「クリスマスプレゼント」より「明日の演奏」のほうがとても大切なようです(!?)。明日は東海市芸術劇場で,木管部門や金管部門などグループごとに演奏するそうです。ぜひ,これまでの成果を十分発揮し,のびのびとした演奏をしてほしいものです。

2学期終業式

暑さの中始まった2学期も、冬を迎えて、本日は終業式です。

休みの日に30km歩く校長先生から、振り返ることの大切さについての話を聞きました。「あたりまえ」のことを当たり前にしっかりできていたでしょうか。

学年代表の意見発表

1年生・田中さんは、音楽は苦手だったけれど、合唱コンクールの指揮者になり、みんなの協力のおかげで金賞が取れたことを、2年生・寺島さんは体育祭の応援を通して学んだことを三役として生かしていきたいと話してくれました。3年生・髙井さんは、ブロック長としてたくさんの困難に悩みながら、クラス分裂の危機を周りの協力で乗り越えられた八中祭の思い出を発表しました。

明日から冬休みです。寒い日が続きますが、体調管理をしっかりして、楽しく、充実した年末年始を過ごしてください。

そして、あたりまえのように全員そろって、1月9日の始業式が迎えられますように。